月蝕の満月の夜に

桜の美しい、今日の満月に起こる月蝕の日は、
夜になって、やっとほっと一息。

お気に入りの蜜蝋のキャンドルと、セドナ土産のハーブの
煙で軽く瞑想。

月蝕の始まる時間から、ちょっとしたことがトリガーになって
イラっとすることがあったのだけど、
そのイラっのお相手がパートナーだったので、
ついつい油断して、シフトのタイミングを逃した模様…。(苦笑

いつもは瞬時にイメージワークでシフトさせるのだけど、
イメージワークの効果が最もあるのは、それが出てこようとする
瞬間、つまり芽が出るか出ないかというタイミングで
ひっくり返すのが一番楽チン。

でも、今日はそのタイミングを逃してしまい、
イライラしたエネルギーが自分を包み込みそうになったので、
Let's ritual!

こういう時は、イメージの中でワークするだけじゃなくって、
実際にキャンドルやインセンスを使ったリチュアルや
セレモニーがよく効きくの。

キャンドルに火を灯して、ふと見ると、
最近、使っていなかった優美なスモーキー・クォーツのワンドが
珍しく主張し、語りかけてくる。

女性的なエネルギーを持つスモーキー・クォーツと語り合いながら、
自分の内にある、これから開こうとする女性々を垣間みた
月蝕の後の満月の夜。

窓の外に柔らかくそよぐ桜を感じながら、月蝕の夜に
ひとり静かにインセンスの香に包まれているのは、
悪くないね。



 

祈りのワーク:3.11


昨日は、3.11。
気がつけば、あれから4年もの月日が流れている。

昨日、わたしは友人が主催する、3.11の祈りに参加して
きました。3月なのに雪が舞う、とても寒い日でしたが、
空は明るく澄み渡り、強い透明な風が私たちに容赦なく、
吹き付けていく。

風はとても冷たいけれど、何だか禊を受けながら祈っている
ような感覚だった。

この時期になると、いつもあの日のことを思い起こすが、
それと同時に、私たちはあれから前進しているだろうか、
何か大切なことを忘れたり、諦めたりしていないだろうか、
と一人きりになって自問する。

当時は、胸の奥から熱くこみ上げる何かに、誰もが突き動かされ
ているような感覚があったのだけど、その感覚が薄いベールを
1枚ずつ剥がしてゆくように、その熱い気持ちが薄れていって
いるように感じるのは、私の気のせいだろうか。




あの日、日本中がパニックのような状態になり、その後、
ネットで様々な情報が飛び交い、あまりも大きな出来事が
起こったため、思わず無力感とじわりとした嫌な恐怖に襲われた私に、
師匠がピシャリとこう言った。


イメージのワークを志す者が、何を弱気なことを言っている
あなたは政治家でもないし、学者でもない。
作家であれば、文章を書くことで貢献すればよいが、
あなたは作家でもない
あなたは何だ?何ができる者なのだ?
今、イメージを使わずして、何をする


息をつく間もなく、彼女の誘導でイメージワークをした、
その時に見た美しいビジョンと体験を、今でも鮮明に覚えている。

イメージを見ることは、祈ることなのだと、
この時、身を以て知ったのだと思う。

この時に行ったものと、ほぼ同じ内容の祈りのイメージワークを
こちらのスクール・オブ・イメージのブログに、1日遅れになって
しまったが、アップさせて頂いた。


とてもシンプルな内容なので、ぜひこの祈りを試して頂けたらと思う。








 

久しぶりのキャサリンのセッション

今朝はキャサリンの個人セッションを受けるために、
いつもより少し早起き。

昨年の夏に彼女が体調を崩して以来、時々メールでの
やり取りはあったのですが、話しをするのは
本当に久しぶり。

彼女の声も元気そうで、安心しました。

最近、ちょっとスローな気分だったのですが、
今朝の彼女のキレのあるセッションで、
お尻を叩かれ、動く気分になったようです。(笑

その後、自分が教えているイメージワークのクラスをが
あったのですが、いつもより朝の密度が濃くて、
一日が長いように感じます。


 

引きこもりのキャンドル


今日は一日、家に引きこもり。

年末年始はいつもより、たくさんの人に会うから、
この時期はバランスを取るために、一人になりたくなることが
多いかも。

人とばっかり会っていると、
ささやくように語りかけてくる植物の声や
自然界が発しているとても繊細な粒子が動くような感覚を
感じることを、ついつい忘れてしまうので、
ちょっと呼吸が苦しくなってきます。(苦笑

だからといって、いつまでも一人でこもっていると、
何だか置いてきぼりをくらったようで、
心が寂しくなってしまうのですが。(笑

今日は特別な蜜蝋のキャンドルに、
フランキンセンス、クローブ、シナモンのオイルを
少しブレンドして、ゆっくりゆっくり燃やしてます。

色々と考えたいことがあったから、
あまり動かないで、エネルギーが器から溢れないように
ゆっくりとゆっくりと自分の時間に戻っていきます。




 

1.17の日に



今日は1月17日。
あの日から、もう20年も経ったのですね。

自然と人間の共存について、
マザーアースに住む一つの種族として、
私たちはより賢い選択を、今、しているのだろうか?

ふと、数年前、あるチャネラーがこんなことを言っていたのを
思い出す。

「これまで人類が致命的な失敗や間違いをしないように、
ずっと守ってくれていた、アースキーパーと呼ばれる
ガーディアン達が地球を去ることになった。

これは人類が本当の意味で、自立する時が来たということなのだが、
ガーディアンたちが去った後、色々な事件や事故が起こるだろう。

地球を託された私たち人間は、心して選択をしなくてはならない。
なぜなら、私たちの選択に地球の未来がかかっているのだから。」

以前は、節目ごとにセレモニーをしたり、
パワースポットと呼ばれる場所で祈ったり、
ということをよくしていました。

それらはとても素晴らしい体験で、エネルギーのバランスを保つ
のにとてもよい方法で、私も大好きなのですが、

最近、もっとシンプルなことを日常的に続けることが、
とても大切に思えて、最近はもっぱら
日々の短い祈りをすることの方が多いです。

日常生活の中で、よい選択、つまり光に向かう選択をする、
これを日々繰り返すことで、素敵な未来を造り上げることに
繋がるので、今日もいつものように、朝にイメージワークと
祈りのワークを行いました。

たくさんの方が早朝から祈ってらっしゃったからでしょうか。
今日はいつもより大きなエネルギーのうねりのようなものを
感じました。


人の心は自然に影響を与えます。
災害が起こるのは、自然から人へのメッセージやサインだと
聞いたことがあります。

古いカバラの伝統では、光に向かう人間の意図を天使と呼ぶそうです。

ひとり一人が地上の生命の長として、
全ての命に心を開き、光に向かう選択をすることができるように、
と祈らずにはいられない朝でした。











 

仕事始め

年始はかなりゆっくりしていて、やっとこさ本格的に仕事開始。

本当は先週から仕事をしている予定だったのですが、
数年ぶりに風邪を引きまして…。(苦笑

昨年の秋から大きな浄化の流れが来ていたのですが、
仕上げが風邪による発熱だったみたいです。

年末に彼がゴホゴホしてるな〜とは思っていたのですが、
お正月はホテルで過ごし、その後、実家に帰ったのですが、
ホメオパシーのレメディやアロマといった、いつもの
風邪対応セットを持っておらず、あっと言う間に、みんなに
感染した模様。

初めて体の節々が痛む風邪を体験することになりました。

旧暦では年明けは2月ですから、最後の仕上げの浄化って
ことなんでしょうか?(笑

(人は理由なく風邪なんか引かない、と師匠に言われたことがありますが、
確かに思い当たることがあります。)

ところで、昨年から我が家ではコロイダルシルバーが大活躍。
喉がちょっと変だな、と思った時に何度か使ったところ、
すぐに治ってしまいました。

国内で買うよりも、海外から取り寄せた方がリーゾナブルかも。
私はこちらのサイトで購入しました。


スクール・オブ・イメージも、今日から後期のクラスが始まります。
参加されるみなさま、本年もよろしくお願い致します♪







ゆく年、くる年


あっと言う間のようで、とても密度が濃い一年でした。

時が加速していき、時間の経つのがどんどん早くなる一方で、
時間の密度が増してゆき、ほんの一週間前のことが、
数ヶ月前のことのように感じられるような、
そんな時間の流れ方を、特に秋以降感じています。

今年はある出来事をきっかけに、自分の欠けていたパズルの
ピースを取り戻したような感覚があり、それにより、
世界を見る視点が大きく変わったように思います。

今まで何となく受け流していたことと、しっかりと向き合いながら
つくりあげていく、そんな流れを心と体で体験しています。

私にとっては、とてもよい変容の一年でした。

来年は、もう少し安定した状態で道を歩きながら、
ワクワクすることを生み出していきたいですね。

来年もどうそよろしくお願いいたします♡

切れない糸


彼が出張でいないので、今夜は一人でお留守番。
久しぶりに、ゆっくりとした夜の時間を過ごしています。

スクール・オブ・イメージのオンラインクラスが冬休みに
入ったので、今のうちに溜め込んでいる翻訳を仕上げちゃおう、
と思っていたのですが、キャンドル用のエッセンシャルオイルを
ブレンドしたり、読みたかった本を開いてみたりと、思いっきり
オフ・モードです。(笑

11月末から、新しい出会いがたくさんあったり、それに加えて、
冬至の夜には、とってもご無沙汰していた友人たちとの
再会があり、とても楽しく、ワクワクした日が続き、ついつい
夜遅く帰る日が続いていたので、リセットする時間なんでしょうね。(苦笑

それにしても、ご縁のある人とは多少、疎遠になったとしても
繋がり続けるものなのですねぇ。
お互い、本当に長い間連絡もしてなかったのですが、
要になるような日にパタリと会ったり、偶然、前日に会う
セットアップがされたりして。

友人の言うように、「ご縁とは切れない糸」のようなもの
かもしれませんね。

その切れない糸が重なり合って、人生のタペストリーが
描かれていくのかと思うと、何だか感慨深いものがあります。







自由とは好きなことをする権利ではなく、為すべきことができる権利である

"Liberty is not the power of doing what we like, 
but the right of being able to do what we ought."

「自由とは好きなことをする権力ではなく、
 為すべきことができる権利である。」


これは英国のアクトン卿が残した言葉。


52.66%という戦後最低の投票率の この度の選挙に、
いろいろと思われる方も多いのではないでしょうか。


こちらは、ぜひ一読して頂きたい、
水美恵子さんのコラムです。

学習の道





A Beautiful Body Book Project




女性の体は人生の様々なシーンを経て変化していきます。
でも、その変化や歴史を美しいと感じられず、
コンプレックスと感じている人も少なくないようです。

そんな女性たちにエールを送るために立ち上げられた
プロジェクト、A Beautiful Body Book Project

女性のあるがままの美しさを再認識させてくれる
プロジェクトって素敵だな。
 

<< | 2/9PAGES | >>

space

qrcode