International Women's day!

今朝、ドリームオープニングのオンラインクラスの前に

サクサクと確定申告の書類を作成しながら

ノリノリで聞いていたのが、この曲。

 

Aretha FranklinのThink

 

昨日の夜、確定申告の処理をしながら、個人事業主は

仕事で必要があって託児所やベビシッターを利用しても、

それが経費に計上できないことを、遅ればせながら知り、

保育園の待機児童の問題も含めて、この国はどうなって

るんかいな、と怒りを通り越し、なかば呆れていたのですが、

 

感情的になっても仕事がはかどる訳では

ないので、それは取り敢えず、脇に置いておいて、

やる事をサクサクこなしてました。

 

そして、ふと今日が International Women's day 

(国際女性デー)だと知り、何とも今日に

相応しい曲を直感的に選んでいたんだな、と。(笑

 

今日の夢のクラスでも、テーマとして出てきましたが、

女性であるという事について、色々とThink(考える)

して、動いていかないといけませんね。

 

男女格差を示すジェンダーギャップ指数でみると

日本は「144カ国中114位」。

(世界経済フォーラム、2017年)

 

女性が自由で、本来の女性らしくいられるか

という事において、残念ながら、日本は

世界の中でとても遅れていますね。

 

 

私は仕事や自分の学びで、海外の方と

やり取りすることが多いのですが、

海外(主に欧米)の方とワークしていると、

日本人の持つパターンとの違いを

肌で感じることが多いです。

 

よく感じるのが、日本人の女性は

いろんな場面で自分のところで、

つじつま合わせをしちゃっている人が多いような、、、。

 

制度の改正も、もちろん必要ですが、

同時に一人ひとりが、いつの間にか

自分が無意識のうちに、当たり前のように

引き継いている“パターン”に気付き、

それから解放されて自由にならないと

世界は変わりませんね。

 

ひとり一人が行動するのが大切だと思います。

 

小さなことに思われるかもしれませんが、

「?」と思ったことを、パートナーと話し合う

のが、その第一歩ではないかしら、と

私は思っています。

 

社会の基礎は、ここから始まっていますから。^^


...........................................................................................

 

ジェネオロジー」というワークショップが

あるのですが、

 

ジェネオロジーとは、家族歴という意味で、

私たち、一人ひとりが家系という繋がりの中で

引き継いてきたパターンに気付き、

そこから解放されて自由になっていくという

内容なのですが、家系の浄化のワークと言っても

よいと思います。

 

リクエストは時々、いただいていましたが、

多忙のため開催していなかったこのワーク、

そろそろ開催する時期なのかもしれません。

 

 

開催時期は、今からだと、5月以降の開催かなと

考えますが、

 

参加希望の方で、この日程がいいです!という

希望があれば、早めにお知らせ頂ければ

調整は可能ですので、ご連絡ください。

 

春はすぐそこに。

春風とともに、新しい息吹を人生に吹き込みたい、

そんな気持ちで準備していこうと思います。

 

 

※ジェネオロジーは、アドバンスの内容となりますので、

こちらの入門のワークショップ(カバラと夢見の力)を、

事前に受けて頂く必要があります。>>>

(こちらの日程は現在、調整中です。)

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

space

qrcode