早朝のタロットクラス



キャサリンのタロットのクラスを今学期から
受講していますが、時差の関係で開始時間が
日本時間は4:30(もちろん、朝!)なので、
毎週水曜日は、いつもより早起き。

早起きは決して得意な方ではないのですが、
好きなんでしょうね。
あまり苦もなく、いや、少々興奮気味で
ぱっちりと目が覚めます。(笑

最近、忙しい日々が続いていたのと、
ドリーミング(イメージ)が体を優先させる
ようにと伝えてきていたので、今朝のクラスは
休みますと連絡を入れていたのですが…、

クラスが半分くらい進んだ辺りで、
ぱっちりと自然に目が覚めてしまいました。

念のため、お腹のベビの様子を確認すると、
うん、元気、元気。
やや興奮気味とも思えるほど、動いてます。

「ほんとは、あなたが参加したかったんじゃないの〜?」
と語りかけたりしながら、途中から参加することに。



カバリストの教えるタロットは、本当に興味深い。


ドリーミング(夢見)のテクニックを使って、
カードの向こうにある“世界”へ入る、という
純粋な体験を通して、見えない世界や自分自身に
ついて学びます。


ところで、このクラスは英語のみなので、
英語の語彙が乏しい私は、体験のシェアをしている
自分をよちよち歩きの子供のように感じることも
ありますが(笑、

ゆっくりマイペースで、
より大きく成長していけるよい機会にしようと
思っています。

(色んな国の方が参加されているので、シェアが
日本人とは一味違って、よい刺激になってます。^^)


英語については留学したことがあるのにも関わらず、
流暢に話せないのが、ずっとコンプレックス
だったのですが、4年前にスクールの運営を
はじめた頃からこつこつとブラッシュアップ
してきました。

このクラスに申し込む前は、内容が理解出来るかどうか
ちょっと不安だったので、少し参加を躊躇していましたが、
人間、本気と情熱があれば、何とかなるもんですね。(笑

カバラの深い叡智を直接学べる喜びと、一種の達成感の
ようなものを毎週、水曜日の朝に感じています。

みなさんも、よい一日をお過ごしくださいね♪


それにしても、自宅でNYのクラスが受けれるなんで、
いい時代になったなぁ〜








 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

space

qrcode