エビカニダンス🦀🦐

1歳の息子は、週に1〜2日、

夫の職場の保育園に通っているのだが、

私や夫が教えていないことを

色々と覚えてくるので、なかなか

面白い。

 

はじめて「これはもしかして、

保育園で覚えてきた⁉」と思った

のは、息子が「バイバイきーん♪」

と言った時。

 

まだ舌足らずで、バイバイがはっきりと

言えない時期だったから

気のせいかと思っていたら、

後日、保育園の連絡ノートに

「バイバイきーん♪」と挨拶して

くれますよ、という先生からのコメント

をみて、やっぱりそうだったんだ、と。

 

(家ではアンパンマンは見せていない。)

 

 

つい先日は、息子と一緒に帰宅した夫が、

「今日、迎えに行ったら、ノリノリで

エビカニダンスを踊っていたよ」という

報告があり、

 

エビ🦐?

カニ🦀?

 

ナニソレ?

 

と、早速ググってみたら、

 

 

あった❗

 

 

エビカニクス ↓

 

 

 

歌詞とダンスをチェックして、

試しに息子が寝る前に、

サビの部分に「エービ🦐、カーニ🦀」

を歌ってみると、たちまち笑顔に

なって、不完全ながらも手をハサミの

チョキ✌にして、リズムをとって

踊っりだすではないか。

 

 

「これは使える!」

 

と思い、機嫌が悪くなりそうに

なった時に、すかさずエビ🦐カニ🦀

を使ってみたら、なかなかの

効果あり。(笑

 

 

でもこのリズム、単調なだけに

耳に残りやすいのか、

 

今日は息子が保育園でいないのに、

朝からエビカニクス🦐🦀が

頭の中でリフレイン…。(苦笑

 

翻訳作業をサクサク進めたいのに、

エビ🦐とカニ🦀が邪魔をして

なかなか本の世界に入れない…。^_^;

 

仕方がないので、別の作業をする

ことに。(笑

 

あぁ、エビカニパワー、恐るべし。(笑

 


善行と悪行を超えた野原であなたと会おう(ルーミーの詩)

先日、シュタイナーの十二感覚の講座に参加してきました。

 

自分の読みたい詩を朗読する時間があったのですが、

私が朗読したのは、こちらの詩。

 

 

 "Out beyond ideas of wrongdoing and rightdoing there is a field. 

 I'll meet you there."


悪行と善行という考えを超越した場所に野原がある。
そこであなたと会おう。

この詩はイスラム神秘主義(スーフィズム)の詩人、
ルーミのもので、私が彼の詩に初めて触れたのは、
カバリストである私の師匠が教えるクラスの中でした。

イメージワークのエクササイズとして、この詩が紹介されて
いたのですが、

カバラはユダヤの神秘主義なので、
なぜカラバではない神秘主義の詩が使われているのか
TVなどで見聞きするユダヤ教徒とイスラム教徒の
対立についてのニュースを見聞きしていた影響もあり、

初めてエクササイズに目を通した時は、
疑問に思いました。

実際にエクササイズをやってみたら、
すぐに納得しましたけどね。

目を閉じて、「悪行と善行という考えを超越したところにある
野原がある。そこであなたと会おう。」という言葉を聞く時、
あなたは誰と会っていますか?

師匠に、アフリカの北部にはカバリストやイスラム神秘主義、
古代キリスト教の学者など、様々な伝承を学ぶ人々がともに学び合う
学校があったと、後で聞きました。

どこかでテロが起こったり、戦争が起こりそうだという
きな臭いニュースを聞くたびに、私のドリーミングマインドは
これをやりなさいよ、とまるで平和の祈りを私に促すように、
顕在意識にこのエクササイズをポップアップさせて思い出させます。

今日は声に出してこの詩を読んだせいか、
当時、私がはじめてこのエクササイズに触れた時の
美しい体験とスクールを運営し始めた頃のフレッシュな感覚が
同時に思い出されました。

さて、

あなたはその悪行と善行を超越した野原で誰と会いますか?

 

久しぶりの東京出張でした♪

今月上旬は、久しぶりの東京出張でした。

 

10月に来日する、私の師匠、キャサリン・シェインバーグの

ワークショップに参加される方が、私に入門のワークショップを

リクエストしてくださったのがきっけだったのですが、

1泊とはいえ、はじめて息子を置いての泊まりの出張は

ちょっとドキドキでした。

 

息子は夫と私の実家に行き、おばあちゃん率いる

実家のメンバーにVIP対応を受けていたようで、

ほとんど泣かずに過ごしたようですが、

 

(夜中に目がさめた時に、ママがいないので

シクシク泣いてたようです。。。)

 

私の顔を見た途端に、「どこ行ってたの〜ー!!」

とばかりに泣き顔になりました。

 

(そりゃそうですよね〜。苦笑)

 

その後、しばらくママにべったりで、

今でも夕方近くになると、自分の視界から

ママがいなくなると血相を変えて探しにきます。^^;

 

 

東京のワークショップは、お陰さまでたくさんの方に

参加していただいて、あっと言う間の2日間でしたが、

イメージワークを皆さんに楽しんで頂けたようで

嬉しかったです♪

 

参加して頂いた皆さま、ありがとうございました!

 

別のワークショップも開催してほしいという

リクエストも頂いていますので、また関東に

出張することになるかもしれません。^^

 

会場が以前、一緒にお仕事をさせて頂いていた

出版社のすぐ近くだったので、出張1日目の夜は

久しぶりの銀座の街をぶらぶら。

 

食事をしようと思っていた、当時、お気に入りだった

お店がなくなってしまっていたのは残念だったけど、

たまたまふらりと立ち寄ったヴィーガン料理のお店が

とてもよい雰囲気で、帰り際に気づいたのだけれど、

お店の名前が”AIN SOPH”!

 

(アイン・ソフ:ヘブライ語で無限という意味。)

 

昔、関わった仕事を思わず思い出し、

お店の方と少々マニアックな話題で盛り上がりました。(笑

 

........................................................................................................

 

さて、ここからはちょっと宣伝。(笑

 

東京で開催した、カバラのイメージワークの

入門のワークショップ、「カバラと夢見る力」は、

下記の日程で関西(大山崎)でも開催いたします。

 

まだ若干ですが、お席に空きがありますので、

ご興味がある方は、ぜひお越しくださいね♪

 

純粋なカバラを体験し、そのエッセンスをお持ち帰り

頂けたらと思います♪

 

 

カバラと夢見る力

日程:8月26、27日

時間:9:00〜16:00

料金:38000円

会場:大山崎(参加される方に詳細をお伝え致します)

 

詳細はこちらをご覧ください。>>>

お申し込み・お問い合わせはこちらへ。>>>

 

 


8月のワークショップ:「カバラと夢見の力」東京は満席になりました♪

 

こんにちは。

8月のワークショップ、「カバラと夢見の力」ですが、

東京の8月5、6日の日程は、お陰さまで満席となりました。

現在は、キャンセル待ちのみ受け付けさせて頂いております。

 

8月26、27日の大阪の日程は、まだ空きがありますので、

参加をご検討の方は、こちらの日程にお申し込みくださいませ。

 

 

 

 

 

 


今週末、ドリームオープニングのグループワークを開催します【3/4 10:00】

 

こんにちは。

直前のお知らせですが、3月4日(土)に

ドリームオープニングのグループワークを開催致します。

 

場所は姫路の外れ(私の実家。笑)で、ちょっと不便な場所ですが、

(ちょっとか?笑)

自然がいっぱいで気持ちのよい場所ですので、ご興味のある方は

ぜひいらしてください。

 

初めての方でも大丈夫です。

 

対面での参加が難しい方は、Skypeでの参加もできますので、

ぜひ検討されてくださいね!

 

ドリームオープニングでは、グループの中から一人、

今日のドリーマーを選び、その人の夢を他の参加者が

“セカンドドリーマー”として夢を紐解いていきます。

 

夢見のテクニックを使ってドリーマーを選ぶので、

必ず、全員のためになる夢を持って来た人が選ばれて、

みんなで夢を開いて得たメッセージは、そこにいる人

全員の未来を照らす道しるべになります。

 

このワークは夢占いなどのように、分析するのではなく、

古来から伝わるカバラの伝統を使って、

夢が何を自分に語りかけているのかを

見て、感じて、理解するためのワークです。

 

潜在意識の一番深いところから浮かび上がってきた

夢のメッセージはとても深い気付きをもたらすために、

このワークの後、人生がどんどん展開し始めたと

多くの方がおっしゃっています。

 

 

ドリームオープニング(グループワーク)

日程:3月4日(土)

時間:10:00〜11:30

料金:4000円

持ち物:筆記用具、朝見た夢

場所:会場の詳細は、お申し込み頂いた方にお知らせ致します。

   Skypeで参加される方は、IDをお知らせ下さい。

 

夢は短くてもよいので、その日の朝に見た夢を

持ってきてくださいね!

 

 


| 1/93PAGES | >>

space

qrcode